車買取、事故歴と修復歴の感想、所感

中古車買い取りを依頼したさいは、一番初めに見積もりを受ける事になります。その場合の見積もりは買取ショップの担当者がおこなうわけですが、中古車市場の値段などから算出されることとなります。

通常、古い車ということで売りに出されているプライスの2~3割位が売値となっているようですが、評判の車だったり、珍しい車種であるケースでは高い見積額がでるなどのケースもあるでしょう。また、製造年が新しい方が高く売れます。ただし、こうした買取り価格はその愛車が完全な状態の時であって、万全ではないときは低い鑑定となります。中でも修理の跡などは見積もりに結構影響します。

事故の跡というのも定義があいまいですが、とりあえずくるまの骨組みであるフレームにまで駄目になっているような事故を起こしてしまったくるまはこれに当てはまります。こういった事故歴のあるクルマはそのうちなんらかのマイナスの影響が現れる危険があるため、買取額についてはマイナスとなってしまいます。その一方、フレームの方には影響がなく、外装を修繕したぐらいならなりませんが、しかし修復歴がつきます。

モチロン修復歴がついてしまいますので負の害は有るのですが、事故車よりも低く見積もられることは無いです。他にも、エンジン等に問題が出ている場合もマイナスという事で審査されますし、常日頃の手入れの状況が見積もりに関わってきます。

このへんは私達にはちんぷんかんぷんですが、鑑定をしている買取専業店ではシッカリその辺を見てくるでしょう。

どちらにせよ修復歴が無いことが古いクルマの鑑定額ががアップできるかどうかの分かれ目となってきます。