話題沸騰!車売却とリサイクル料

中古車を売却する時の進め方といえば買取と下取りの両方が一般的です。下取のケースというのはおニューのくるまをゲットする際、古いユーズドカーを引受けしていただくというものです。大抵新車の取扱店が買取を行うので値段としてはやや低めに見られることが多いです。

一方、買い取りのほうはクルマ買取専業店が行っており、中古の車という名目で店頭に出すことを予定して引き受けの値段を決定するため、どっちかというと高目の引受けが期待できます。いずれにしても自分のくるまのを売る事であり、売却する前に買取価格を決めるための審査が行われることとなります。

審査をお願いする時気になるのが「リサイクル料」です。自家用車見積もりで出してもらうプライスというのは所有車そのものの金額、ユースドカーについてくる自賠責保険やリサイクル料など含めたプライスの2つの種類があります。リサイクル料に関してはマイカーを手に入れた時、又はリサイクル料が未納の場合には車検を受けた場合に支払いとなりますので、将来、ユースドカーを廃車にして処分する時に必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルする際の代金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分するさいにJARSから支払われることとなります。

コストはだいたい、軽だと8千円ほど、国産車の場合は10000円くらい、外国製自動車などで1.5万円ほど、その他で20000円程を入れる必要が御座います。だいたいの愛車買い取りの場合、こういったリサイクルの代金をユースドカーの引取り値段とは他のものとして引受されることとなるのですが、リサイクル料金を含めて引受け値段となってるケースも有り、買取りを希望という時まずはチェックしておくことが大切な事となります。