話題沸騰!車の買い取りとリサイクル料金

自分の車のを売る時の段取りとしては買い取りと下取りがあります。下取りのケースというのは次のお車を購入する際に今までの自分のくるまのを買取して頂くというものです。だいたい新車販売店が引受けをおこなうので買取プライスのほうはどちらかといえば低くなることが多いです。

一方で買取りの方は古い車の買取専門ショップがやっているもので、中古の車として売ることを前提として買取の値段を決定するため、どちらかというと高額の引受けが期待できます。どちらにしても自分の車のを売却する事であり、引き受けてもらう前に引受プライスを決めるための審査がされることとなります。

審査をおこなうケースで気に掛かるのはリサイクル料となります。車審査で提示される金額というのはユーズドカー本体の金額、所有車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等々含めた価格の二つの種類が御座います。リサイクル料については中古車を購入した場合、又は「リサイクル料」が未納の時には車検を通した時支払いとなりますので、のちに自分のくるまのを廃車にして解体処分する時必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするときのコストということで使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体する場合に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

料金は大体、軽自動車で8千円位、国産車で1万円位、輸入車とかで1万5千円位、その他で2万円位を納める必要が御座います。たいがいの車買い取りですと、こういったリサイクル料をマイカーの買取り金額とは別として引き取られる事となるわけですが、リサイクルの代金を含めて買い取り価格であるという場合もあり、買取を希望する時まずはチェックしておくということが大切なこととなります。