話題沸騰!買取や下取リサイクル料のことを考えてみた

ユースドカーを売却する際の手段としては下取、そして買取が一般的です。下取りのケースというのは次の自動車を入手すると同時に今までの愛車を買い取りして貰うというものです。主としては販売店が引き受けを行うため値段の方はどちらかというと低めになる場合が多いです。

他方、買い取りのケースはくるま買い取り専業店がおこなっているもので、ユーズドカーという名目で販売することを前提として引取り金額を決定するので、割と高プライスの買取が望めます。いずれにしてもユースドカーを引き受けてもらうことであり、、引き取ってもらう前に引受けプライスを決めるための審査がされることとなります。

査定をしてもらう場合気に掛かるのがリサイクル料となります。マイカー値踏みで出してもらう価格というのはその自家用車それ自体のプライス、自家用車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等入れたプライスの二種類が御座います。「リサイクル料」はクルマを購入したさい、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった場合ですと車検を受けたケースで支払いになりますので、のちに中古車を廃車にして解体処分する場合に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルする為の費用として使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、処分する場合に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

料金はだいたい、軽自動車であれば8千円位、国産車の場合で約1万円、外国製自動車とかで15000円位、その他で2万円位を入金する必要があります。大半のユーズドカー引受けだと、そういったリサイクル料を自家用車の買取り価格とは別ということで引き取られることになるワケですが、リサイクル料金をいれて評価の金額としてるケースもあり、買取を希望という場合にはまずはチェックしておくことが大事です。