話題沸騰!中古車査定と事故車だそうな

古い自動車引受けをお願いした時は、一番最初に審査を受けることとなります。その時の値踏みは買い取りの専門店の人がすることになり、自動車市場の値段などから金額がはじき出されることになります。

普通は中古のくるまということで売りに出されている金額の2~3割位が売却価格とされていますが、評判のクルマだったり、稀少車種等の際には高い見積額が出るなどの場合もあるみたいです。ほかにも、製造年が新しいほど高く売れます。一方でこれらの買取額はそのクルマが万全な状態の場合であり、そうじゃない場合には低く査定されます。中でも修理の跡等は買取額に相当影響します。

事故歴とは言っても定義が微妙ですが、とりあえず車の本体であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントを起こしたクルマは事故車扱いになります。こういった事故歴のあるくるまは後から何らかの負の影響出てくるかもしれないという危険が有りますので、買取り価格については短所となるのです。ですが、フレームの部分まで影響がなく、外側を修理したくらいだったら問題ないのですが、ですが修復歴が付きます。

モチロン修復歴は付きますので負の影響は有りますが、事故車よりも見積もりが低くなることは考えられません。また、エンジン等に面倒が起きている場合にもマイナスとして見積もりされますし、通常の維持管理の状態が買取金額に関わってきます。

この辺はトーシロには分からない部分ですが、値踏みをおこなう買取ショップの方ではキッチリとそのへんも確認してきます。

いずれにしても修理歴はないということがくるまプライスがアップできるか否かのポイントになります。