話題の車のリサイクル料

愛車を売る際のやり方としては下取りと買取りがあります。下取りのケースはおニューの自分のクルマのを購入するかわり、今までの自分の車のを引き取っていただくというものです。主に新車販売会社が引き取りを行うため買取金額のほうはどっちかというと低価格に見られがちです。

他方、買取りのケースはユーズドカー買い取り専門店が行っているもので、中古の車として販売することを前提に引受の額を決定するので、わりと高プライスでの買取りが期待できるでしょう。どっちにしてもお車を売却することであり、売却をする前に引き受けプライスを決めるための査定がおこなわれることとなります。

査定を行うとして気に掛かるのが「リサイクル料」です。自分のクルマの見積もりで示されるプライスというのはそのくるまそのものの金額、所有車に附随するリサイクル料や自賠責保険など含めた値段の2つの種類が存在します。リサイクル料に関してはクルマを入手した際、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合には車検を通した時に支払われるもので、将来的にくるまを廃車にして解体処分する時に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為の費用となって使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまう時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金はだいたい、軽自動車であれば8000円位、国産車だと1万円位、外車等だと1.5万円程、そのほかで20000円程を入金する必要があります。たいがいの車引受ですと、これらのリサイクル料を自分のクルマのの引取り金額とは他のものとして買取されるというようなことになるのですが、リサイクルの代金をいれて引取り価格としてるケースも有り、引受を依頼する場合はあらかじめチェックしておくということが大切なこととなります。