話題の中古車売却と残債のいろいろ

車買取店に審査をオーダーしたものの、ローンを払いきっていないということもあるでしょう。そういった際には、売却予定のくるまの所有権が自分自身なのか誰か別な方であるかについて第一に確認しておく必要性があるのです。

ホントのところ、所有者が誰かについてどれを見たらいいのかと言えば、「自動車検査証」に記載されている名前がくるまの所有権者となるのです。

マイカーを購入する際に銀行等が提供するローン支払いを組んだケースでは、こちらの「自動車検査証」に記載されているお名前が自分自身の名前になっているのですが、割賦払いを設定したのがクレジット系の会社などの際はお名前がその会社の記載になっている訳です。信販系で分割払いを組む場合どういう理由でこんな風に信販系の会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、回答としては支払いが滞納されたときに、即くるまを差し押さえて確保できるようにするためです。

こうした事情から所有権が信販会社にある場合はそちらの所有車を好きなように売ってしまう事は不可能です。それであっても売ってしまいたいならとりあえず残債を全て返済するかローンの設定し直しをすることで所有権をご自身に変えてから売却する必要があります。とはいっても現実問題こんなことができるのは今現在手持ちの資産がいっぱいある時という事に限られてしまいます。だとしたら現金があまりないのであればどうしたら良いのでしょうか。

そうした場合は、見積もりをやってくれた自動車買い取り専門店にご相談頂けますと、マイカーの売値から残債の支払いの分を完済し、所有権を自分自身のお名前に直していただくことができるという訳です。手続きについても全てを買取専業店にお任せできるので問題ないです。