修復歴は素直に伝える

私の愛車は事故歴があって、フレームを修繕して頂いた経験があるので、修理歴ありのクルマということとなるのです。
しかし、修復跡は簡単に見た感じではわからない部分にあります。
愛車の買取をしてくれるショップにそのことは正直に伝えなければならないんでしょうか。
のちのちそれが原因で減額されても不愉快ですし、裁判沙汰などになるととんでもないことです。
そうした危険性を抱え込んでしまうと考えれば、やはり素直に修復歴を伝えた方がいいと考えました。
※次の新車の値引き方法が知りたい方はこちら!→http://新車購入no1.xyz/

クルマ買取についての質問を覗いてみると、「他人名義であっても売れるのか」というのが相当見られます。
一家に一台車があると考えると、名義人以外が売りに出すのは珍しくないと認識して良いですね。
自分所有じゃない(名義人が別)くるまを売りに出すときは、名義人の印鑑証明を揃えて貰い、実印を捺印の譲渡証明と委任状(「名義の方」から「あなた」へとなっているもの)を支度すれば代理の方でも売ることができるのです。
車金融などで会社名義のものと化しているクルマについては、売り出すことは不可能ですので、全額返済して名変してからなら売渡をおこなえます。

売り払うことにしたクルマは長年に亘り乗ったクルマで、丁度車検期間も残り少しだったので買取で値段が付くとは想定していませんでした。
なので、新しいくるまを買った販売店にタダでその通り引き取らせてしまいましたが、そのちょっと後で、引取って貰ったクルマがすさまじくの値段で販売されているのを見ました。
であるなら、私も買取専業店に見積もりを依頼して買い取りの際の価格を確かめておけば良かったのにと現在では悔しく思うばかりです。
乗り換えで新車を買う場合、下取りを販売会社に依頼するのは普通です。
ですが、ちょっともったいないと感じませんか。
下取りはラクですが金額は言い値で、買取の方が高くなる可能性がありますよ。
面倒くさいのは嫌だなという思いも少しあるかも知れないですが、モデルや修復履歴等の状態に持とづき、下取りじゃないとプライスがつかないクルマもあれば、買取で高値売却出来る時もあります。