使用済みの車を売りはらう際の進め方についてですが、この辺でできる限り見ていきましょう

使用済みの車を売却するときの手段というと下取、そして買取の2つがございます。下取のケースは新しい車を入手する際一緒に今迄乗っていた古い車を買上して頂くというものです。主として新車の販売店が引受けを行うので買い取り金額のほうはやや低価格に見られることが多いです。

もう一方の買取のほうはクルマ買い取り専門店がするもので、古い車という名目で店頭に並べることを予定に引き取り金額を決めるので、意外と高額の買い取りが期待できるでしょう。いずれにしろお車を売却することであり、売り払う前に買上げプライスを決めるための格づけがされるわけです。

見積りを行うケースで気になるのがリサイクル料となります。使っていた自動車の審査額で提示される価格としては自動車それ自体のお値段、マイカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険などなど入れた金額の2種類があります御座います。リサイクル料はその古い車を手に入れた時、もしくはリサイクル料が未納だった時には車検の際に支払いとなるもので、将来、u-carを廃車として壊してしまう場合必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルするときの代金という名目で使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する時に自動車リサイクルシステムから払われるということになります。

その時の費用はおおよそ、軽だと8000円位、普通車で10000円位、外車などで1万5千円位、その他で2万円くらいを入れる必要性があったりもします。たいがいの古い自動車買上げですと、こういったリサイクル料を使った車の買上げ金額とは別個で引き取りされる事になるわけですが、リサイクルの料金を含んで引受額となっているケースもあり、引受をお願いする時まずは確認しておくのが大事なこととなります。