使用済みの車を処分する際の手順に関する事を、こちらでじっくりと把握していきましょう

使った自動車を売却する場合の手続きといえば買取と下取りの2つが有りますよね。下取の場合というのは新しい自分の車のを手に入れる時、古い中古の車を引受けしてもらうというものです。殆ど取扱店が引き取りを行うので価格はわりと低く見られるケースが多いです。

一方、買取の場合には車買い取り専門店がしているもので、使用ずみの自動車として販売することを予定に買い取りの値段を決定するため、どっちかというと高値での引き上げが期待できるでしょう。いずれにしろ使っていた自動車を引き上げてもらうことであり、売却する前に引き取りプライスを決めるための査定が実施されます。

見たてをしていただく場合気になるのはリサイクル料になります。中古の自動車の値踏みで提示されるプライスとしてはそのクルマそれ自体の値段、中古車に付いてくるリサイクル料や自賠責保険等を入れた金額の2つの種類が有ります。リサイクル料は中古の自動車を買った際、またはリサイクル料が払われてなかったケースでは車検の時支払われるもので、将来、使用していた車を廃車として解体処分する時に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルするための費用として使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体処分する場合自動車リサイクルシステムから支払されることになります。

その場合の費用はおおよそ、軽自動車だと8000円ほど、普通車の場合約1万円、輸入車ですと1万5千円くらい、それとは別に2万円位を入れる必要性があります。大半のユーズドカー買上げであれば、こういったリサイクルの代金をu-carの買受け額とは他のものとして引受されるという事となりますが、リサイクル料金を含んで評定プライスとなっているケースも有り、買い取りを希望する時には前もってチェックしておくのが肝心です。