今日は「車を売る時のローンの残り」のいろいろ

愛車買取ショップに査定をお願いしたものの、割賦払いを完済していない場合もあり得ますよね。そういったケースでは、売るつもりのくるまの所有がご自身であるのか、誰か別な方なのかをともあれ確認しておくことが必要です。

実際、所有者が誰かについてどこを見ればわかるのかといいますと、自動車検査証に記載されている名前がくるまの権利者となります。

クルマを買うときに銀行系の自動車ローンを設定した時には、こちらの車検証に記載のある氏名がご自身のお名前になっていますが、ローンを組まれたのがクレジット会社であった場合は名前がそこの名前となっている訳です。クレジット会社で分割払いを組む場合何故こんな形で信販系の会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その答えとしては支払いが滞った時に、すぐにマイカーを担保として確保することを考えているからです。

こんな事情により所有者名義が信販会社にある場合はその愛車を勝手に売り払う事は出来ないのです。それであっても売却したいのであればまずは返済を全て返済するか割賦契約の組み替えをすることで所有権をご自身の氏名に変更してから売却することが必要です。とはいっても実際にこのような事が可能なのはその時点で持っているキャッシュがとても多い時という事になってしまいます。それでは資金があまりない人はどうしたらよろしいのでしょうか。

こうした時には見積もりを行ってもらった中古車買い取り専門店に事情を話すと、所有車の売却額から残りの支払い分を完済し、所有権をご本人のお名前に変更して貰うことが可能です。手続きについても全てにおいて買取店に任せることができますので安心です。