今回は中古車査定に関して

車の買い取りや下取りの時には初めに査定をやります。この査定とはお客さんから下取や買取の時にきちんとした評価をするための下調べであり、それを行うためにはいろんな方たちから認識されプラス承諾された段取りでないと良くありません。

ですが、消費者側からしますと見積がどんな感じでされているのか完全には確認できてなかったり、適正な手順で行われてるかどうかはどうしても分かっておくことが出来ないものですよね。

しかしながら見積の方はお車の値打ちを確定させるめちゃくちゃ重要なプロセスである為、方法や考えに色んなものがあると世間のパニックの原因にもなってしまうわけです。そうした騒ぎを発生させない為にも日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。日本自動車査定協会という機関はしっかりとした鑑定が行き渡るように取り組んでいる団体であり、お客さんが安心して鑑定に提出でき、そして納得できるシステムを構築する務めをしています。

分かりやすい中身としては、例えばちゃんとした査定士を輩出する為の資格試験を実施しており、査定協会が実行している学科及び実技の研修を受け、その後「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、健全な基礎的なものや決まり事をもってユーザーの所有車の品定めをしていきます。

言い換えると適正な見積のための資格を保持している者が評価を行いますので、客側も不安なく下取りや買取に愛車を提出することが出来るというわけです。