ほら、中古車査定について

愛車の下取や買取の時にはまずは査定をしてもらう事でしょう。査定イコールお客さんから買い取りや下取りする時にフェアな審査をするための手続きであり、それにはたくさんの人から肯定されさらに受け入れられた手順で行わないとダメなのです。

ただし、消費者側から見るのであれば査定がどんな具合にされているのかきちんと認識していなかったり、キチンとした手順で調査されているのかは案外認識することが難しいものです。そうだとしても査定というのはその車の額面を決断するとても大切な過程ですから、考えややり方に種々のものがあれば社会の混乱の要因にもなってしまうわけです。

そんなパニック状態を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。「日本自動車査定協会」とは、厳正な査定が行われるように活動している機関のことで、我々が安心して鑑定に提出でき、加えて納得できるシステム作りの務めをしています。

具体的な内容的には、例えばちゃんとした査定士を増やす為の検定を実行しており、査定協会が行っている学科やスキル研修を受けて頂き、それから査定士技能検定試験という試験に成功することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えられます。その上で査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、しっかりとした見識や義務でもってお客さんのクルマの評価をおこないます。

つまり適正な見積のための資格を保持している人間が鑑定をやりますので、我々も不安なく買い取りまたは下取に愛車を提出することが可能となるわけです。