ほら、中古車の査定のこと

車の買取では、まず先に見積もり査定をします。車の型式や何年式かによって、基となる標準状態の金額のイメージをしておきます。これよりもっと条件がマイナスなら、査定金額を減額するなどといった順番で処理を行っていくことでしょう。

標準状態の金額に関しては、買取業者側で目安の数値を保持しています。これについては業者間だけで流通しているもので、その値段は車の型式やいつのものかということから記載されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基準の数値であり、それ以上の意味は無いといえます。さらに、その金額よりも高い金額で買取して頂けたり、あるいは安く買い受けされたりする場合も当然ながら出てくるのです。

お店の立場としてはなるだけロープライスで引受けしたいので、業者にもよりますが基本的な買い取りの値段を示した上で、それ以上に安い方向へと話を持っていこうとします。売り手側としてはわずかでも高く手放したいので、ここでの交渉では強気に話を持っていくのが成功の秘訣です。または、買い取りについての値段が譲り合えなかったのであればいったん保留し、そこで話をストップしておきます。そののちよその専門ショップとやり取りやっていくのです。

例えばここでプライス的に更に上げられて納得できたなら、先の業者とのネゴシエーションはおじゃんになっても気にしなくて良いです。つまり、売却する方が好きなようにネゴシエーションをしていけば良いという訳なのです。何をおいても回避したい状況は、焦って売却金額を決定してしまい、後で悔いるということです。売却額はなんといっても強気で交渉した方が後悔しないでしょう。