なんと!日本自動車査定協会の取組

くるまの下取や買取の時には、なにはともあれ査定をしてもらう事でしょう。査定とは、ユーザーから買い取りや下取りの際にまともな審査をするための処置であり、その為には多くの人から容認され、加えて認められた方法じゃないと良くないのです。ただ、お客様側からしたら、見積がどんな具合におこなわれてるのかきちんと認識していなかったり、キチンとした段取りでやられているかはなかなか知ることが出来ないものですよね。そうだとしても値踏みというのはユースドカーの値段を決断するとても大事なプロセスなので、考え方やその方法に色々なものがあると世間がパニックとなる原因にもなる可能性があります。

このような混乱を発生させない為にも「日本自動車査定協会」という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」とは、適正な審査が行われるように取り組んでいる団体であり、私たちが安堵して査定に出せて、更に喜べるような結果となる制度を構築する務めをしています。

中身としては、例を挙げるとキチンとした査定士を育むための検定をおこなっており、査定協会が実行している学科や技能研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験という試験に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。更に査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、まともな基礎的なものや義務でもって消費者のくるまの審査をします。つまりはしっかりした見積のための資格を保持している者が鑑定をおこないますので、我々も安心して下取または買取に持っていくことができるのです。