これこそ日本自動車査定協会の取組のいろいろ

古くなった車の買い取りや下取りの時には、なにはともあれ査定をやります。査定というのは、お客様から買い取りや下取りの際にフェアな見立てをするための手続きであり、それをするためにはさまざまな人たちから認識され、尚且つ承諾された手順でないとまずいのです。とは言っても、消費者側からしたら、見積がどうやってされているのか完全には知らなかったり、適正な進め方でやられているかは結構確認することが出来ないケースがほとんどです。しかしながら値踏みというのはユースドカーのバリューを確定させる非常に重大な方法なので、考えや方法に色々なものがあると世間のパニックの一因にもなるわけです。

このようなパニック状態を生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、適正な見積が根を下ろすように動いている機関であり、お客さんが無事に鑑定に出すことができ、しかも納得できる結果となるシステム作りの行いをしています。

具体的な活動の内容は、例を挙げるとまっとうな査定士を育てるためにテストを実行しており、査定協会がおこなっている学科さらには実技の研修を受け、そして「査定士技能検定試験」にクリアすることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えられます。更に査定士として活躍するのには協会への登録が必須となり、しっかりとした心得や責務をもって私たちの所有車の鑑定をするのです。つまりはしっかりした査定のための資格を有している人が値踏みをやりますので、消費者も安堵して買い取りや下取りに出すことが可能となるわけです。