お待ちかね、「中古車査定」について

古い車の下取りや買取の際には必ず査定をしてもらう事でしょう。この場合の査定とは消費者から買い取りや下取りの際にちゃんとした審査をするための処置であり、そのためにはいろいろな方から理解され尚且つ了解された仕方でないとダメなのです。

ただし、消費者側からすると値踏みがどんなふうにされているのかはっきりとは確認できてなかったり、正当な仕方で実施されているのかはどうしても認識することが出来ないものですよね。ではありますが査定というのはユースドカーの値段を決めるとても大切な工程である為、方法や考えにさまざまなものがあると社会の混乱の理由にもなってしまいます。

そうしたパニック状態を発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。日本自動車査定協会とは、適切な見積が根を下ろすように動いている団体であって、私たちが安堵して値踏みに出すことができ、そして納得できる結果となる土台作りの活動をしています。

具体的な内容的には、例えばちゃんとした査定士を輩出する為の資格試験をおこなっており、査定協会がおこなっている学科及び実技の研修を受け、その後「査定士技能検定試験」に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。さらに査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした基礎的なものや決まり事をもって消費者の所有車の評価をします。

要は適正な見積のための資格を保持している者が査定を行いますので、客側もリラックスして下取または買取に愛車を提出することが出来るわけなのです。